感謝できる人になりたい!

自分でいうのもなんですが 社訓に「感謝されるひと、感謝できるひとになりましょう!」

という言葉があって毎日みんなで唱和してるんですが、とても好きな言葉です

みなで道路に向かって思いっきり唱和して、集団の自己満足みたいですが、これがなかなか良いんです

本日もマンタン!!月末から」ずっとマンタン!!

本音で「いかったぁーー!!今日も忙しくてぇ、、」

ですが、「感謝できるひと」っていうのが結構むずかしい、、、

来週は先生のところで来年度の「経営方針書策定」の勉強会なんですが、ガイダンスを検討する段階で、すぐにペンが止まるんですよ!この理念とか方針で、、

クルマを磨くとかきれいにするは得意なんですが、自分を磨くが弱くて草むしりに励んでいます

なんとなく初めてもう7年目、

左が作業前、、、、、右側で4年目あたりかぁ、、いよいよキレイなところから順番に コケが生えてきてさらにキレイに!!

苔がはえると箱庭みたいに、京都の知恩院みたいに(おおげさかぁ?笑))))

ここまで来ると市役所の人やシルバーのひとも笑顔です(本当はこのなかに旗など立てるとだめなんですが?)

うれしいので、犬の散歩の人に「ここにウンコはさせんといてね!とお願い

まぁ、変なオヤジの変な趣味ですけど、中学生には感謝されてるなぁ、で、ボクもこの草むしりに感謝せんといかんのよね!

仕事の入庫に感謝してるようじゃ

甘いのよねぇ!!!!  感謝できるひとにならんとねぇ!

広告

親分 登場!!

なぜだか「おやぶん!」と言われていますが、とてもやさしいワカヤマのN社長と、南大阪のM社長が来社されました

ここに「日の丸」のマークや「愛国」という文字も必要なんじゃないのぉ?と言われてボクはちょっくらへこみますけど、来社のみなさんが「心魂美艶」の文字で、そっちをイメージsるようです、、、笑))

これは歌舞伎役者の坂東○○さんのドキュメント番組でひらめいた言葉で

心から演じて魂を込めながら、、時には呼吸も止めるようなシーンにこそ本当の美しさがあり「つや」のでる演技になるのよねぇという名台詞ですけど、、、

思いっきり「おひけぇなすってぇ!!」みたいになってますよ おやぶん!(爆笑ショット) 

心魂美艶という文字は

バンコクでは受けたんですけどねぇ、、といつもの勉強会を行いましてボクの「¥うまいモン食って泊まっていけばぁ?」を振り切って夜の電車で帰られました

電車の時間が余って、急遽「近江町市場」でお魚を買って、さらに市場内のおすし屋さんで夕食

「おやじっ!のどぐろ!にぎりでっ!」と、こちらにしか無いおいしいお魚に満足いただきましたでしょうか?

蟹はシーズンじゃないからということで見送りで、かわりに「マツタケ」を!ほとんど閉めている時間帯だから

なんと、「もう一袋は、お、ま、けっ!」と言われてボクもついでに買ってまいました(笑)

京都の街、京都のひと

どうしても「代理のきかない仕事」で大阪から京都にまわり、なんともボクには似合わない「宝ヶ池Pホテル」に宿泊!
こちらのNさんの計らいでこのホテルになるけどボクには部屋もベッドも広すぎて、みょうに落ち着かないんですね、きっと韓国でもレジデンスというようなアパートスタイルのホテルに泊まっているし、バンコクはほとんど提携先のお家にステーか、せいぜいsaiamuビバリーという1200バーツのホテルなんですけど、その真実を知ったらびっくりするに違いないなぁと感謝!!
そこで無理を言って旧友のino社長に時間を割いてもらい、3人で食事と打ち合わせと!
ino社長とは17年来の付き合いで、それこそお互いのガレージショップからのことですから、ほんとうに話がつきませんけど、なんといってもプラス思考が一致して気持ちよい時間です

祇園の「権兵衛」という有名なうどん屋さんですけど、お茶漬け「近為」さんとならんでの京都を代表する有名店でおいしうどんをいただきました
なんだか、イノダコーヒーといい京都の有名店舗戦略には学びが多いです

inoさんいわく「一見さんお断りどすえぇ!:」におおきな味噌があるんだそうで、その分「一見さん」でなくなるような地域応援戦略として「有名店舗」をみんなで作り上げるのかぁ?
なんか、地域がまとまっているようにボクには感じてまうなぁ、、、で、初見なのにinoさんとNさんがとても急接近いただき、ボクは感謝です
今後の業界の大きな戦略として「地域での連携」は絶対にさけて通れませんから、これで京都のお仕事がさらに楽しくなります
仕事はまず「楽しくないと」という先生の言葉が頭を回ります

しまいには京都の有名な部品商さんも交えて将来のボディメンテナンスをみんなで熱く語り、ちょっと心臓のワイヤーがずれたのか痛い!!けど 笑顔の出張でした

病院からは2週間は動かないで!という通達ですけど、なんでかものせん笑顔なんです
心臓がきちんと動くってこないに気持ちいいんかいなぁ、、、、なにを見ても笑えるんです!

ハイパワーCPに改造!!

ペースメーカーを挿入しました
というのも以前から体の調子が悪くて、(過去のお笑いブログ参照してね)とうとう先週に決心しました

これは病気の手術というより「改造」もしくはパワーアップチューニングに近い医療行為でないかなぁ?というのが正直な感想ですけど、
お気に入りの「公立M中央病院」のOドクターと担当看護はN島さんというギャル系(もちろん昔ね!)婦長さんの快適ホスピタリティ満喫の休暇みたいなもんだ。
会社のみんなにほんま!すまんかったけど、、、
なぜ改造かというと、手術中に心臓鼓動のビートを上げたら「もう快適!」というほど
というか正直に書くと「あれっ?!」というほど頭の中がすっきり!!
なんか、体のすべての感覚がちょっとパワーアップしたような、部分麻酔で1時間ちょっとのオペ時間でしたが、

このように出発するときは、さすがに不安で顔もちと曇ってますが、この後
ビックロ!の帰還です(笑)


ビフォー&アフターの違いをデータ上で比較したのが、こっちのパルスプリントです
脈拍も40から60に上がって、なによりひとつひとつがキチンと鼓動してます!
機械の挿入の部位はちょっとふっくらしていますが、そこから静脈を通り、心臓の中にセンサーワイヤーが入っており、しっかりとパルスを発信します!
ソレがある程度固定されるまで、安静!!
少し不便ですが、なにより
手術から帰ってきて「その元気さ」にカミさんもびっくりするぐらいでして
うつむき加減で、まってる家族が
「あれっ??なんだか元気いっぱいやけど?」
「顔色もものせんイイ感じやねぇ、、」と
なんだか手術後というには物足りないような、
ほんなぁ、ボクがグッタリして運ばれてきてドクターの「なんとかうまく行きましたからぁ!」という説明に、ちょっと涙目なんかを期待しとったかぁ?
「なんヵぁ!すげー頭がスッキリやわっ!!」の言葉と30分後のメシをバリバリ食ってる姿にあきれて帰ってしまいました(笑)

もしみなさんのなかで「心臓」に不安のあるかたは迷わず「パワーアップ」をおすすめしますからね!
10日間で回復です

チュンチョンのイリオス!イエッツプン!!

チュンチョンのイリオスに行ってきました
春川と書いて「チュンチョン」ですけど、なんだかコリアン言葉はかわいいのでソウルの街の中で、若い子が話している「チョン!」や「んがぁー」と鼻に抜ける言葉とタクシー同士がワメキ合い怒鳴りあっている韓国語とは、別の言葉のように感じます
僕だけでしょうか?
チュンチョンはソウルの北東側にクルマで2時間ほどの距離で、金沢よりなんだか洗練されているようなキレイな街です、漢江という大きな川沿いにリゾート開発も進んで1年中「観光」や避暑などで賑わうそうです
そんなチュンチョンでwonさんが運営する韓国の施工指導の拠点としてオープンしました新店舗の視察と施工指導の出張です

ガラス張りの80~90坪の店舗は2階にも吹き抜けていて「キレイ!」です
日本式招き猫がレクサスみたいなカウンターに!ちょこんと、、、(笑)

Gガードの価格は3種類に設定されていますが、日本と同じレートでは地元のライバルと比較して5倍以上のプレミアでしょうか?
お店の作りこみが、ライバルをすでに払拭しているようですし、他社の店舗つくりとは全然違います
(ちなみにマグワイヤーの系列などのライバルらしきお店はあります)

もちろん床は大理石(人造らしいけど、日本ではまず高くて使用できません)で、ココの一押しは床に流れた排水をキチンと浄化してから、市中汚染管に流すという「こだわり」で、できればその品質保持にと「ハイブリットシールド」も検討していただきました

で、内緒の新製品のテストとデモ施工を終わりまして、お互いに休日が無かったですねぇ!というwonさんの配慮で「冬ソナ」のロケ地に半日観光に行きました!
wonさんの愛娘「koin」ちゃんといっしょに!有名な南悟島(Naminara)の、あの白樺の並ぶ並木道です
ブームが終わったわけではないですが、日本人が減って中国人が多くなったと!!
韓国中のひとが来ているのか?と思うほどのにぎわうフェリー乗り場で、日本人の団体と遭遇したけど「おばちゃん?でなくて安心、、笑))」したなぁ、、と独り言

以前は公立の観光地だったそうですが、地元の民間企業が購入してからこのようにおおきな複合リゾート施設に!とガイドさんが説明してますが、何千人も飲み込むこの島は1日でナンボの売り上げか?とちょっと恥ずかしい予想をしてしまいました
きっと憶という札束が100個ほど並ぶんでないかい??


そのようなことを考えないようにwonさんが配慮してくれた休日に感謝しつつ、帰路は高速バスで辞書とガイドブックを抱えてソウルに戻る、
今回からあまり移動のお世話にならにようにがんばる!と説明して、wonさんを振り切ってスタート!!
ハングルがなんとなく理解できそう、と思ったとたんに地下鉄を反対に移動して、元の場所にもどるまでに、大変だったとミョンドンであった日本の若いカップルに話したら「番号が増えるか減るのかを確認していれば大丈夫!」と聞いた!
なるほど!!  
やっぱ、この人たちは意気込みが違うなぁ
最後の日の移動で非常に疲れが出てしまい帰りの機内で着陸まで爆睡!!
あれっ?ご飯や飲み物サービスって何時に終わったのぉ??

せっかくアップグレードしてBSシートのおいしいごちそうだったのにぃ(笑)
毎回開封されるカバンにMr・wonさんのおもてなし「冬虫夏草」が入っておりまして、びっくり!!どげんしても買えないよねぇとカミさんと顔を見合す

カムサハムニダァ!!ガムギョク ウォンナムドンセン!!あにょ?

遊んでるんじゃありません!、、失笑かぁ、、

富山のミツオカ自動車さん

受付の女性がかわいいんです!という話じゃなくて
大蛇(オロチ)の内装のこだわりワンオフ作業の打ち合わせです

もともとかなりの頻度でオリジナル内装色で販売されているようですが、今後の販売拡大の戦略で、黄色と黒のツートンで
「なんか、派手でちょっと毒もありそうな蛇のイメージですねぇ、、」とは言えない!
実際にはこの組み合わせが多いそうです
工場にはいっぱい蛇が住んでいて、あっちこっちの通路にこのような脱皮の皮(?)がおいてありますけど、ここまでパックになっているとは知りませんでしたねぇ

写真はココまで!だそうで、骨組みや組み付け状態の撮影はNG!
もちろん、足回りやパワートレーンなどの工程はチェックきびしい別室です
高額でボクには飼えないから(ペットじゃねーよぉ:笑)気分だけ
オーナー!!
事務所にはドバイあたりから来られたのか、ニューバージョンの「ストレッチ我流」を検討しているスーパーリッチのバイヤーさんもおって、ちょっと富山県婦中のローカルにあっては別世界です
ミツオカさんからは、いつも何に使用されるか分らないままの内装のお仕事が来ていますが、ボクらはどこかでなにかのお役に立っていると思いちょっと気持ちよいです

フーガのシートらしきモノも、本皮の張替えワンオフオーダーきています
ボクが納品に伺うと担当者さんは、どこでも入りそうなボクを警戒しています(笑)

ちなみに、脱皮の写真は「イメージダウンにしないでくださいね!」という表情です

伊万里のビリージョエルさん!!感謝

九州の勉強会!
ここにはアサノさんという、ごっつう勉強家のひとがおりますので、Yさんの応援をもらいながら開催です
今回は「伊万里」の国で集合して、福岡を拠点にあっちこっち!
羽田を6時に出発ですから、着陸まで熟睡できて、
まぁ、機内でも起きてる人のほうが少ないですから、乗務員さんも
腰掛けていてもいいんじゃないの?という朝便(というカテゴリーだそう)を降りたら長距離バスで「打ち合わせ」でした
ちょっと船酔い(バス酔い)で、心臓に負担が、、
佐賀県は初めての街でして、なんだかウキウキしますが、体調がすぐれないので
みなさんに「せめて写真は元気!」というイメージでちょいと浮いておりますのがボクでして、お隣の渋いおにーさんが「伊万里のビリージョエル」さんです!

もちろん勉強会も熱心ですけど、懇親会のカラオケで
ヘーンシーンッ!!
機会があればカーウォッシュワンさんのオーナーさんとカラオケにいくべし!
洋物から昭和ものまで、完璧!!

look in seat&lady ! !
かたわらで、Yさんがおねーさんと遊んでいる間も熱唱!熱唱!

たまたま、来店されたお馴染みさんのグループもマイクをあきらめている様子でして、そのグループにYさんが気を使って、下ネタ連発!!
ワシは体調不良で!謳えませんと言い訳しましたが、ほんとは貴方のあとじゃ歌えないよぉ!(笑))))って、
ホテルでバッタンキュー的な過ごし方なのがちょっと残念な伊万里
久留米と福岡の打ち合わせを終えて台風の直前で、戻りました
バックミラーついておれば上空からソレを確認できたんでないかというバツグンのタイミングで
ぐらぐら揺れながら金沢にもどりました。
みなさん、ほんとうに勉強会の参加をありがとうございました