遊んでるんじゃありません!、、失笑かぁ、、

富山のミツオカ自動車さん

受付の女性がかわいいんです!という話じゃなくて
大蛇(オロチ)の内装のこだわりワンオフ作業の打ち合わせです

もともとかなりの頻度でオリジナル内装色で販売されているようですが、今後の販売拡大の戦略で、黄色と黒のツートンで
「なんか、派手でちょっと毒もありそうな蛇のイメージですねぇ、、」とは言えない!
実際にはこの組み合わせが多いそうです
工場にはいっぱい蛇が住んでいて、あっちこっちの通路にこのような脱皮の皮(?)がおいてありますけど、ここまでパックになっているとは知りませんでしたねぇ

写真はココまで!だそうで、骨組みや組み付け状態の撮影はNG!
もちろん、足回りやパワートレーンなどの工程はチェックきびしい別室です
高額でボクには飼えないから(ペットじゃねーよぉ:笑)気分だけ
オーナー!!
事務所にはドバイあたりから来られたのか、ニューバージョンの「ストレッチ我流」を検討しているスーパーリッチのバイヤーさんもおって、ちょっと富山県婦中のローカルにあっては別世界です
ミツオカさんからは、いつも何に使用されるか分らないままの内装のお仕事が来ていますが、ボクらはどこかでなにかのお役に立っていると思いちょっと気持ちよいです

フーガのシートらしきモノも、本皮の張替えワンオフオーダーきています
ボクが納品に伺うと担当者さんは、どこでも入りそうなボクを警戒しています(笑)

ちなみに、脱皮の写真は「イメージダウンにしないでくださいね!」という表情です

広告

伊万里のビリージョエルさん!!感謝

九州の勉強会!
ここにはアサノさんという、ごっつう勉強家のひとがおりますので、Yさんの応援をもらいながら開催です
今回は「伊万里」の国で集合して、福岡を拠点にあっちこっち!
羽田を6時に出発ですから、着陸まで熟睡できて、
まぁ、機内でも起きてる人のほうが少ないですから、乗務員さんも
腰掛けていてもいいんじゃないの?という朝便(というカテゴリーだそう)を降りたら長距離バスで「打ち合わせ」でした
ちょっと船酔い(バス酔い)で、心臓に負担が、、
佐賀県は初めての街でして、なんだかウキウキしますが、体調がすぐれないので
みなさんに「せめて写真は元気!」というイメージでちょいと浮いておりますのがボクでして、お隣の渋いおにーさんが「伊万里のビリージョエル」さんです!

もちろん勉強会も熱心ですけど、懇親会のカラオケで
ヘーンシーンッ!!
機会があればカーウォッシュワンさんのオーナーさんとカラオケにいくべし!
洋物から昭和ものまで、完璧!!

look in seat&lady ! !
かたわらで、Yさんがおねーさんと遊んでいる間も熱唱!熱唱!

たまたま、来店されたお馴染みさんのグループもマイクをあきらめている様子でして、そのグループにYさんが気を使って、下ネタ連発!!
ワシは体調不良で!謳えませんと言い訳しましたが、ほんとは貴方のあとじゃ歌えないよぉ!(笑))))って、
ホテルでバッタンキュー的な過ごし方なのがちょっと残念な伊万里
久留米と福岡の打ち合わせを終えて台風の直前で、戻りました
バックミラーついておれば上空からソレを確認できたんでないかというバツグンのタイミングで
ぐらぐら揺れながら金沢にもどりました。
みなさん、ほんとうに勉強会の参加をありがとうございました

10万回のドックン!ドックン!休憩も休日も無しやと、、感謝

心臓の調子悪くて検査に行って来ました
松任中央病院という白山市にある病院ですが、ここは経営難にあえぐ業界(?)にあって安定経営をされているようでボクの「お気に入り」です
経営が安定しているっちゅう事は、顧客サービスもしっかりしているということですから、
レストランでもないのにお気に入りはおかしいですが、検査の機械も名前や機能は分りませんが日本に数台という「心臓専門のMRI」と新聞に出ていた機械をリクエストして検査をしてもらいました
ここまでは、いつものように気丈に「看護士さんとチーズ!」

難しい顔の検査の偉い人たちも笑っています
結果は 前回の24時間検査とあわせての判断からすれば
担当のDrGさん曰く「うーん、良くないなぁ、、ふん?  うーん?」だそうです
夜中が特にイカンらしくて3回に1回の休みなら、まだしも、!
2回で休んで、まっ!2ビートじゃしんどいなぁ、
ボクはどっちかといえば4ビートのノリのいいのが好きなジャンルです!
「??、、、、、うーん、パルスが弱いかなぁ?、、」
せっかくならパワーアップのAMGのチップで!というボクに
Dr「うーん?来週あたりに再検査すっか?」と、ボクの冗談もスカッと無視です
なんだか、カテーテルを入れるようで本当は気分が沈みます
で、その気持ちを振り切って
「せんせ!ほなら一番、時間的効率を考えて」と冷静を装ってますが
ほんとにブルーです
1日で7~10万回もドックンドックンしてれば、55年で痛むでしょうが
まさかっ!!自分が!!
55年間も休まず文句も言わずにがんばってるこの子(心臓)をながめて、感謝しながら
そういえば、内臓って休み無いよなぁ、、、
自分の体に 感謝しながら仕事に復帰です!!
左胸に「もうちょっとがんばろーぜっ!」と納車と引き取りです

ミハエル!!??ってあの伊達さんのぉ??

ペルマガードのメーカーさんにご訪問させていただき、以前から気になっていた商品の検証と打ち合わせです
奥の部屋から日本語じゃない会話が聞こえてきて、そちらの会社の担当者さんから
「当社のミハエルに会ってみますぅ??」と

ひょっとして、あの!!伊達きみこちゃんのハズバンズのぉ!!
言うてる間に「はいー!こんにちは!」とミハエルさん登場で、

このコーティングはワタシの母国や欧州ではサイコーの評価ですよ!と流暢な日本語のセールス!
こっちの、こっ、この、ポスターのこの人ぉ???
「ゆーあっ、ざっつぅー、エフワンどらいばーっず、うーんと?」と
彼は「ワタシは日本語全然いけてるから!」でとても和みました(笑)
自ら施工のデモにも参加いただき、写真にも快く応じていただきボクの不整脈も完治してまうんじゃないのぉ?と
超びっくりの訪問でした
バンコクの雑誌にちょっと掲載されたぐらいで(別に威張ってはおらんけど、、)器のちいさなボクと、大きな(180センチぐらいかぁ?:いえ背丈じゃなくて、)ミハエルさんと、そこの勉強が一番の収穫!!
実際の商品チェックも傷の埋まり方には感心できますし、脱脂にも耐える表面硬度もOKなんやけど、(ちなみに3000番手のペーパー傷を1工程で埋めてきれいに施工することが出来ました)あまりの唐突なCEOクルムさんの登場と、丁寧なお見送りに大汗の
あつーぅい訪問!!

続きましてのびっくり!第2弾
サンダーバードの1956年式!!
実はボクの生まれたぐらいの時代に製造されたらしい「ほーっ!!」と
アメリカが誇る「サンダーベビーサンダー」

このクルマのオーナーの鈴木さんから「似合うねぇ!」と冷やかされますけど、ボクは年式を聞いてそれ以上の「何か!」を感じます
せっかくなので座らせていただき、あと「マフィアーハット」があれば完璧でしょっの、ご満悦ショットです
これは鈴木さんのお父さんからの贈り物だそうで、「ジーエフシーおそるべし!」だわ

バイク売ります!どっちでも、、

いろんな都合でドカティが2台になってしまいました
ほんまは甥っ子が購入したんですが、「やっぱ乗れない」ということで、急遽ボクのSSといっしょに過ごしていますが、確かに乗りにくいといえばそうなんでしょうけど、コレしか知らないボクは
「あれっ?やっぱ水冷は早いじゃん!」と甥っ子から再度購入を決定!
しかし、もともと年に数回しか乗れない環境に、どう考えても「もったいなーぁい!」と、カミさんに警告を発しられて(笑)
どっちかを売ります

もともとのほうは900SSの91年式(白色フレーム)
こちらは、カスタムがたくさん!マグネシュームのレースホイール、FCR39、クラッチ強化プレート、ハンドル、リアブレーキフローティング、ワンオフステップ、不明の爆音マフラーなどなど、、、
走行kmは23000km
カムベルトむき出しなので、転倒したら「おじゃん!」の250クラス並に軽量です
当然早いです!

で、新入りが888というスーパーバイク92年式あたりか(グレーフレーム)
こちらは軽いカスタムですが、ホイールとマフラー、ステップなどレーシーな
フォルムで、確か105ps モデルだったと思う
走行は25000kmですが、ちょっと乗りますから増加予定です(笑)
高速コーナーはこっちのほうが数倍気持ちイイ感じです
倒れた状態で安定感が気持ちよいつくりだしキャブじゃないからEg始動が
楽チンですね!

どちらもガラス系のコーティングできれいに磨かれて保護されてます
パーキングでは年配者に人気のキレイさです
900空冷は45万円  888水冷は50万円で!

条件はずっとかわいがってくれる人!
できれば、いっしょに走れる人が希望です

勉強が好きっかって? ダイスキな人たちばっかし、、

マイスター倶楽部の勉強会に行ってきました
今回はイサム塗料の滋賀工場さんにみんなでお邪魔させていただきました
というのも塗装って案外分っているようで知らない世界もいっぱいなんじゃないのぉ?という大阪のT社長のアドバイスで(この超こだわり会社のこだわり具合はハンパありません!)是非覗いてください
どうせなら、ということでイサム塗料さまのほうも工場長さんみずからのお出迎えもあり、塗装に関る立場のモノ同士、今後の協調戦略にも!という配慮でそれこそ塗装ができる瞬間や、混ぜ物の配合工程まで見学させていただき「びっくり連続」の勉強会となりました
びっくりといえば、東北から「そっかぁ!ほならオラも行ぐよぉ!」と徹夜で走って参加のオキさんやら参加者の動きもイサムさんのほうにはびっくりの様子だったみたいで、有意義に進行できました(幹事さんをさせてもらって感謝のきわみっすよね:笑)
水性塗料への移行や、高品質のクリア塗装がどんどん採用されていくなかで、いつまでも従来の方法や商材で研磨しているわけにはいかんじゃろ!という私達の思いとアフター補修メーカーとしての屈指のメーカーさんの将来のことでの重要な意見交換の場所になりました。
なにより自動車の塗装という、わずか0,1ミリ(100μ)のなかで起きていることやなにをどう触っているかを少し実感できた事はおおきな収穫
欧州では「硬い塗装」で傷を防止し、日本では「やわらかい塗装」で傷の復元を目指すというけど、結局は自動車メーカーの囲い込みを超えた独占的な戦略を感じているという部分の意見の、一般的には言いにくい部分での一致がボクにはとてもうれしかった!
なんか、強いものが弱いものを援助してお互いに生きようよ!というノアの箱舟が欠如してくことがちょっとねぇ!
そんなちょっと危ない考えをちらつかせるボクに変な顔もしないで、最新の水性塗料の実演やら、部長さん自らのレクサス#202カラーの磨き検証まで熱心に参加いただき、とても気持ちよい勉強会でした


いつものモッチー先生の腰の入った研磨です!かっこいいとしか言いようがありません


みなさんの独自の磨きの検証では、「ほーっ」とため息いっぱい出ます

で、Tさんが笑顔のかわいいスタッフに迫っているので「よこどり」しました:笑))

ギアーだけでも4種類の検証が出来て、結果としては
それぞれの機械とコンパウンドを各社さんがしっかりと使いこなしているという事実が判明しました
このような大きなシミやブツは専用のカッターで研磨しますけど、この目線の鋭さは誰でしょうか?(なんせ!切り替えの早い人たちばっかりで、仕事はウルトラ真剣勝負!!

終了後は京都の元気なN社長と大阪のMさんとで、京都で一番のうなぎ晩御飯をいただき
ミナミでサウナにつかり、回復後はNさんと夜中まで人事勉強会!!
そのサウナがこれまた顧客満足度の高い「Nジャパン」というお風呂(スペシャルじゃないよ!:笑)で、これも大阪スタイルの勉強ですね
なんか、こんなに勉強が好きなんて、なんで中学ぐらいに好きにならんかったのか?と自分にハラが立つけど、禁煙2週間だし、まぁ自分で自分を「ゆるす!」なんちって!